2021年 8月

赤羽国交大臣現地視察

投稿日:2021/8/30 月曜日

8/30

8月11日からの大雨により被災した岡谷市・辰野町を赤羽国土交通大臣に現地視察いただき、阿部知事より激甚災害指定や財政支援等についての要請書が手渡されました。

岡谷市では、土石流の発生により尊い人命が失われました。現在も住宅が被災した多くの方々が不便な生活を強いられる中、家屋に流入した土砂の片付けなどに追われています。また、道路・河川・鉄道等に甚大な被害が発生し、住民生活や経済活動が深刻な打撃を受けております。国においては、発生直後から大変なご尽力をいただいているところですが、更なるご支援をお願い申し上げます。

 

▲ページの先頭へ

中野市の高校再編を考える会

投稿日:2021/8/24 火曜日

8/23

「中野市の高校再編を考える会」(松村直樹代表)より、中野立志舘高校と中野西高校の再編統合について県議会に要望書が提出されました。

主な内容として、統合新校において大学を目指す生徒の進路環境を整え(普通教育)、旧第2通学区の高校再編・整備計画(二次)については確定を急がず、十分に保護者・住民の意見を聞いて欲しいとの要望です。

これからの社会にふさわしい魅力ある高校づくりには、地域の皆様のご協力が不可欠です。県議会としても地元議員と連携し、信州教育発展のため努力して参りたいと思います。

▲ページの先頭へ

いいやまのいいもの展

投稿日:2021/8/23 月曜日

8/22

経済産業大臣指定飯山仏壇蒔絵部門伝統工芸士 藤澤一雄氏 主催の「いいやまのいいもの展」が飯山市文化交流館なちゅらで開催されました。

藤澤氏は仏壇のみならず、日常的な漆器やアクセサリーをはじめ現代様式にあった工芸品を多数手がけています。市内外から訪れた皆さんが展示品を熱心に鑑賞されていました。飯山の伝統工芸である蒔絵の魅力を全国の方々に知って頂けるよう、これからも頑張って欲しいと思います。

▲ページの先頭へ

林業振興研究会知事要望

投稿日:2021/8/20 金曜日

8/19

長野県林業振興研究会(服部宏昭会長)知事要望に、同幹事長として出席いたしました。

一昨年末から始まった新型コロナウィルス禍がいまだ収まらぬ中、昨年度前半には景気衰退による木材価格の下落、後半からは米国における木材需要の急増などを背景としたいわゆるウッドショックなど、世界的な木材需要状況の変動、それを受けた国内での木材需給への大きな影響など、本県の林業を取り巻く状況も大きな波を受けております。これらに対応していくために、

(1)主伐・再造林・保育のリサイクルの推進に対する支援の強化

(2)需要に見合った素材生産量を安定的に確保するための対策の強化

(3)森林づくり県民税の継続と森林経営管理制度の円滑な運用

(4)森林病虫獣害対策の強化

(5)幅広く県産材が使用される社会の構築に向けた新たな仕組みづくりと制度の創設

以上5項目を迅速かつ確実に実施していただき、本県林業が将来に向けて持続的に発展できるよう、お願いをして参りました。

▲ページの先頭へ

大雨・デルタ株と闘う県民共同宣言 

投稿日:2021/8/16 月曜日

九州を中心に記録的な大雨となり、県内も大きな被害が発生しております。お亡くなりになられた方々、被災された皆様にお悔やみとお見舞いを申し上げます。県では8月15日午前6時に災害対策本部が設置されました。議会においても長野県議会災害等対策連絡本部設置要綱により、調査課を中心に被害状況の収集にあたり、議員各位からの意見・要望を受け、理事者側に伝達する運びとなっております。

私の地元飯水地域では千曲川が危険水域に達しつつあり、高齢者の避難指示が発令されました。今後も降雨は続くようです。それぞれの皆様には、身の安全を守り、慎重に行動して頂くようお願い申し上げます。

また、8月12日には、新型コロナウィルスのデルタ株が大都市圏を中心に深刻な感染爆発を引き起こしており、長野県においても同様の事態となることが強く危惧されることから、知事をはじめ県内の関係団体とともに【新型コロナ「デルタ株」と闘う県民共同宣言】を急遽発出者の方々とオンラインで実施いたしました。私たちの大切な命と暮らしを守るために、この宣言に賛同し、関係する皆様とも協力して参りたいと思います。

▲ページの先頭へ

次へ »