つれづれ日記

様々な活動

投稿日:2022/8/10 水曜日

先週から今週にかけての活動報告です。

8/5 下高井農林高校で除雪車操作体験実習が開催され、2学年19人が3班に分かれ、学習しました。

これは、「郷土を守る」建設業の厳しい除雪業務の実態を知ってもらおうと、北信建設事務所と県建設業協会飯山支部が企画したものです。当校では毎年降雪前に中央橋の歩行者を風説から守る「よしず張り」も実施しています。このような体験会を通じて、除雪従事者に対する理解が一層深まることを願っています。

8/6 日本夜景遺産に認定されている「飯山灯篭まつり」が、来る11日に3年ぶりに開催されます。これに先立ち、飯山高校美術部の生徒たちが中心となり、北陸新幹線飯山駅構内に飯山市の伝統工芸品である「内山紙」を使い、約3,000羽の折り鶴を作り、飾りつけをしました。飯山駅ご利用の際はぜひごらんください。

8/7 「(一社)飯山そば振興研究会」の皆さんが運営している「そば・御食事処 棚田の杜ほくずい」に久しぶりに出かけ、期間限定の「飯山雪室熟成そば」を賞味して参りました。ここでは時折下高井農林高校そば打ち班の実演を観覧することができる、楽しみなお店です。おかげさまで施設整備等に県の「地域発元気づくり支援金」を活用しておりますが、今後の事業展開が期待されます。

8/8 新潟県境にある小境地区農業用水路周辺の崩落現場を調査しました。農山村集落の持つ公益的機能の維持に、しっかりと取り組んで参ります。

▲ページの先頭へ

岳北防衛協会役員会

投稿日:2022/8/1 月曜日

7/29

飯山商工会議所にて開催された岳北防衛協会役員会に出席し、自衛隊ふれあいコンサートや視察研修等について協議しました。あらためて、昼夜を分かたず国防の最前線に立つ自衛官に、心より敬意と感謝を申し上げるものです。

 

▲ページの先頭へ

期成同盟会・協議会

投稿日:2022/7/28 木曜日

今週は、各種期成同盟会や協議会総会への出席や地区の要望活動に同行するなど、充実した日程となりました。

7/25 新潟県十日町市で開催された「千曲川、信濃川(飯山中里間)直轄河川編入連絡協議会令和4年度総会」に出席し、長野・新潟両県にまたがる39.65㎞の県管理区間を国の直轄河川に編入していただくよう要望いたしました。その前段で、日本三大渓谷である「清津峡渓谷トンネル」に向かい、JR上越新幹線越後湯沢駅周辺の観光資源等も視察して参りました。

7/26 常盤区の要望活動に同行し、北信建設事務所と飯山警察署に伺いました。当区は小学校の統廃合が予定されており、児童の安全確保として歩道整備が急務です。調査測量等も実施して頂いておりますが、更なる進捗をお願いして参りました。

午後は、西大滝区行政懇談会に出席しました。この地区は栄村に隣接している飯山市最北端に位置している戸数44戸の小規模集落です。豪雪に苦しめられている地区だけに、除排雪や道路整備に関する要望が多く、これからも課題解決に向け取り組んでまいります。

7/27 令和4年度「飯山市中部道路委員会総会」と「一般国道292号改良促進期成同盟会総会」が、柳原地区活性化センターで開催されました。国道292号は北信濃地方と新潟県上越地方を結び、地域の文化・経済の交流を支える重要路線です。昨年はおかげさまで濁池工区において急カーブ解消の工事が完了し、今年度は地域住民の長年の悲願であった「大川トンネル」の測量・詳細設計が実施予定となりました。北信建設事務所はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。生活道路はじめ緊急時輸送道路・広域観光道路として果たす役割は益々重要となっており、更なる工事進捗をあらためてお願いいたしました。

▲ページの先頭へ

いいやま軽トラ朝市・長野県飯水親友会

投稿日:2022/7/25 月曜日

7/24

朝8:00から、旧飯山駅(仁王門北側の寺町シンボル広場)にて開催された「いいやま軽トラ朝市」に行ってまいりました。飯山市農業再生センター・飯山市農村女性団体連絡会の皆さんが丹精込めて作った新鮮朝採り野菜等が販売され、買い物客で賑わっておりました。私も昼食に美味しく頂きました。

また前日23日には、県職員OBの会「長野県飯水親友会」の研修会にお呼ばれし、最近の県政・県議会についてお話させて頂きました。併せて、小野伊佐緒国土交通省千曲川緊急治水対策出張所長から「千曲川流域治水」と題する講演があり、狭窄部河道掘削や遊水地について研鑽を深めました。現役を離れ年を重ねても尚、飽くなき探求心をお持ちの皆さんに脱帽です!

▲ページの先頭へ

水と緑と雪の郷

投稿日:2022/7/22 金曜日

7/21

「水と緑と雪の郷」第42回藤沢区行政懇談会が、同多目的集会所で開催されました。当区は栄村に近く、飯山市北部に位置する名だたる豪雪地帯です。周辺の山々から流れてくる水が豊富にあり、私が6月定例会一般質問で取り上げた自然水を活用した消雪設備「たね」が集落内で縦横無尽に配備されています。

飯山市はじめ北信森林管理署、北信地域振興局、北信建設事務所等々地域に関係する行政組織が一堂に会し、要望事項について毎年活発な意見交換が行われます。中には厳しい指摘もあり大変勉強になります。豪雪地帯における農山村集落の機能保全策について、これからも様々な提案をして参りたいと思います。

▲ページの先頭へ

次へ »