8/6

「子育て世代の希望が実現する長野県へ~ポストコロナの少子化対策に向けて~」をテーマに「こんにちは県議会です」がオンラインで開催されました。

それぞれの分野で活躍している団体等とA~Eのグループに分かれて意見交換をいたしました。私はAグループに参加し、“信州大学雷鳥サークル”・“安曇野をサポートする会(アズサポ)”・“ファザーリング・ジャパン信州”・“福祉大保育園保護者会”・“(株)ミスズ工業”の皆さんとお話をいたしました。限られた時間の中でしたが、多くの貴重なご意見は、日頃より積極的な活動をされている皆さんがそれぞれの実情に合わせ継続的な取り組みをされてきた成果として受け止め、今後の議会活動に活かして参りたいと思います。ご参加いただき、本当にありがとうございました。

8/4

道の駅野沢温泉地域活性化施設内にて開催された、「千曲川、信濃川(飯山・中里間)直轄河川編入連絡協議会」令和3年度総会に出席しました。

総延長367㎞を有する「千曲川・信濃川」は全国一の長大河川ですが、長野・新潟両県をまたぐ39.65㎞は全国的にもまれな「中抜け区間」で県管理区間となっています。これを国の直轄管理区間に編入して頂くよう、以前より要望して参りました。自然災害が多発する昨今、水系の一貫した管理体制や上下流のバランスのとれた抜本的な河川整備の対策が促進されますよう、新潟県議会議員とも連携し、引き続き国に要望して参りたいと思います。

8/5

「北信地域千曲川等改修整備促進期成同盟会県建設部要望活動」に同席いたしました。

本同盟会の管内(2市3村)における整備事業はおかげさまで年々進捗しておりますが、いまだ整備を要する箇所が数多くあり、更なる事業の促進を強くお願いして参りました。