8/9

新幹線飯山駅前で開催された「信越自然郷サイクルツアーサポート車両出発式」に出席しました。

このエリア(飯山市・中野市・妙高市・山ノ内町・信濃町・飯綱町・木島平村・野沢温泉村・栄村)は滞在型観光地化を目指していますが、ウィズコロナ対策として「新しい生活様式」に位置付けられた「自転車」を活用した旅行商品販売体制の構築と環境整備を推進しています。

以前より北信地域振興局や北信建設事務所よりサイクリングコースの整備をして頂いているなか、飯山市はこのたび24人乗りマイクロバスを改造し、ツアー帯同用サポート車両を導入しました。日本でただ一つの完全オリジナルバスを活用し、信越自然郷の四季を満喫して頂けたら、と期待しております。