2021年 11月

人権・同和問題を考える飯山市研究集会・野沢温泉スキー場

投稿日:2021/11/29 月曜日

11/27

「第20回人権・同和問題を考える飯山市研究集会」に出席しました。

あらためて、多様化する人権問題の解決に向け、共生社会を実現するためには、人権教育・人権啓発をより一層推進していくことが重要であると認識したところです。

11/28

2022シーズン野沢温泉スキー場 長坂センターハウス竣工式・安全祈願祭 に参列しました。

観光産業を基幹産業とする当村では、昨シーズンオープンした長坂ゴンドラリフトと併せてセンターハウスがこの度完成し、さらに便利で快適なゲレンデ環境が整いました。事故や災害がなく、皆が存分に楽しめるシーズンとなりますよう期待しております。

▲ページの先頭へ

11月定例会開会

投稿日:2021/11/26 金曜日

11/25

11月定例会が開会しました。知事より総額113億2千万円余の補正予算案等が上程され、12/10まで論戦が交わされます。

朝から正副議長レクチャーはじめ議会運営委員会、本会議、下伊那郡北部ブロック町村議会や木曽町・王滝村の陳情、各種研究会に出席と、慌ただしい一日となりました。また、県議会議員として長年の功績により表彰を受けられた皆様に、全国都道府県議会議長会表彰状伝達式を行いました。更なる長野県勢発展のためより一層職務に精励されることを、議長としてお願い申し上げました。

前日24日には、長野県議会が松本歯科大学と包括連携協定を締結いたしました。今回の締結を契機に、議会としても同大学が有する歯や口腔に関する専門的な知見が【長野県歯科口腔保健推進条例】でいう「県民が健康で明るく暮らせる社会づくり」に資するとともに、本県の健康長寿につながることを大いに期待するところです。(直近のデータによると同大学の歯科医師国家試験合格率は95.4%で、全国第2位です)

 

その後、長野県生コンクリート工業組合との懇談会に出席しました。住民生活に直結する道路や橋梁等の老朽化が著しい昨今、インフラ整備を着実に推進し県土の均衡ある発展を遂げていくためには、生コンクリート業界の皆様の果たす役割は大変重要です。県議会といたしましても、より質の高い豊かで安心して暮らせる県土づくりのため、最大限の努力をして参りたいと思います。

▲ページの先頭へ

北原区新くるみまつり 十二峠

投稿日:2021/11/24 水曜日

11/23

「第1回北原区新くるみまつり」が北原公民館前で開催されました。瑞穂北原区の皆さんが丹精込めたくるみです。開始時間が10時からということで、私は10時40分頃行ったのですが、すでに売り切れと、主催者もびっくりするほどの大盛況となりました。この「村ぐるみ」活動は県の地域発元気づくり支援事業にも採択され、今後の地域づくりにますます期待が持てます。公民館内には囲炉裏部屋もあり、昔懐かしい趣のある建物です。

前日22日には、新潟県十日町市で開催された「令和3年度一般国道353号十二峠トンネル開削期成同盟会」に出席しました。

長野県北信地域にとってこの十二峠は、長野県の重要物流道路である国道117号を経由し関越自動車道に最短でアクセスできる流通のかなめとなっているほか、上越新幹線や湯沢高原、苗場などの観光エリアにもアクセスし、新潟県中・下越地域の交流にとっても大変重要です。両県の交流促進、広域連携の強化を図るために、十二峠新トンネルの開削事業が早期に進展するよう努力して参ります。

▲ページの先頭へ

食欲の秋・芸術の秋

投稿日:2021/11/22 月曜日

11/21

飯山そば振興研究会と、下高井農林高等学校そば班(日本そば文化学院第2回全国高校生そば打ち大会団体・個人準優勝)のコラボ事業として飯山産の新そばが味わえる「新そばまつり」が開催されました。主催した(一社)飯山そば振興研究会の【飯山のそばによる元気な地域づくり事業】は「令和2年度地域発元気づくり支援金 知事表彰事業」に選ばれました。会場となったそば・御食事処「棚田の杜ほくずい」は大勢のお客様で賑わっていました。

飯山文化交流館「なちゅら」では、「第3回いいやま音楽祭」が開催され、晩秋のひとときにチェロとピアノの協奏、演奏を堪能致しました。

また、20、21日の2日間「瑞穂地区神戸の大イチョウ」がライトアップされ、その威容に圧倒されました。この大イチョウは、昭和37年に長野県の天然記念物に指定された国内でも有数の巨木です。すべて落葉した後は初雪が降ると地元では伝えられています。

▲ページの先頭へ

怒涛の3日間

投稿日:2021/11/21 日曜日

11/17(水)

・「上田長野地域水道事業広域化研究会」による検討経過報告会に出席しました。水道事業の広域化に取り組むべきとの中間検討経過報告となりました。今後地域住民や議会等への説明・情報提供を行い、意見集約を諮って頂きたいと思います。

11/18

・特別豪雪地域指定市町村議会協議会(会長 渋川芳三飯山市議会議長)による、知事要望・議会陳情に出席しました。住民の暮らしを守るためには雪に強い地域づくりが必要です。「道路等整備の推進」や「除雪支援制度の拡充」は喫緊の課題です。所管委員会の中で十分審議を尽くして参りたいと思います。

・「下伊那郡南部地区議員会陳情」

会長である後藤売木村議会議長より、道路整備はじめ森林造成・地域交通対策や高校の存続について12項目の陳情を受けました。いずれも住民生活の向上や地域産業の振興に関連する重要課題です。地元選出の県議とも十分連携し、努力して参りたいと思います。

・「令和3年度定期監査の結果に関する報告」を監査委員の皆様から頂きました。県議会としても県民にとって適切な事業展開がなされるよう、しっかりとチェック機能の役割を果たして参りたいと思います。

11/19

・「東山魁夷唐招提寺御影堂障壁画展オープニングセレモニー」が県立美術館で開催されました。この度の企画展は、通常非公開となっている唐招提寺御影堂の障壁画全68面を一堂に展示するほか、この風景を構成するために行った日本や中国各地での取材の軌跡や、東山魁夷館所蔵の「白い馬の見える風景」全作品が特別展示されていますので、ぜひ多くの皆様にご来館いただき、東山作品を新たな視点で堪能していただければと思います。

 

・「長野県町村会(会長 羽田健一郎長和町長)・「長野県町村議会議長会」(会長 渡邊光川上村議会議長)・「下伊那郡西部村議会議員会」(会長 吉田哲也阿智村議会議長)より陳情を受けました。

“大規模災害からの復旧・復興と災害に備えた公共工事の推進”や“アフターコロナに向けた対応事業”等、いずれも優先課題として対応すべきものと思います。道路整備については、11/16に長野県道路整備期成同盟会の会長として上京し、道路予算の確保等について国に要望したところです。皆様と共通認識を持ちながら県議会として努力して参ります。

▲ページの先頭へ

次へ »