2/2

「第41回北方領土返還要求長野県民大会」が開催されました。本大会は当初飯山市文化交流館「なちゅら」で行われる予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため議会棟議長応接室にてのオンライン配信形式となりました。

当県民会議では、運動を推進していくには青少年への啓発が重要と考え、毎年県内の小中高校生を対象に標語コンクールを実施しており、13回目となる今年度も926作品という多数の応募をいただきました。最優秀賞作品等の紹介がありましたが、青少年の領土に対する熱い思いが伝わり、あらためて返還要求運動の意義を感じたところです。

活動報告では、長野市立長野中学校の山崎慎也先生から、昨年12月 北海道根室市等の関係団体の皆様とオンラインで交流した授業について説明がありました。また、防衛省防衛研究所政策研究部長の兵頭慎治先生から、「日露関係の現状と北方領土問題の展望」というテーマでご講演をいただきました。

当県民会議では、より一層の広報・啓発活動を展開し、北方領土問題に対する意識のさらなる高揚を図るべく、引き続き粘り強く運動を推進して参りたいと思います。