9/10

長野県農業協同組合中央会(伊藤茂会長)より、令和4年度に向けての農業関係施策や予算等に関する事項について、オンライン要請を受けました。

新型コロナウィルスにより経済活動が停滞し、農畜産物の生産現場はじめ物流・消費にも大きな影響が出ています。また、自然災害が頻発している昨今、生産者が将来に亘って安心して農業を営める政策を打ち出すことが急務です。県議会としても、新型コロナウィルス感染症による影響を克服する対策や、農業の振興に関する意見書を通じて随時、国等に対して要請しておりますが、引き続き長野県の農業振興に取り組んで参ります。