6/7

全国新酒鑑評会において長野県産日本酒が17銘柄で金賞を獲得し、見事19年ぶりに日本一を奪還したことの表敬訪問を、長野県酒造組合より受けました。コロナウィルス感染症拡大により、飲食を伴う会合の自粛や営業時間の短縮が求められるなど、多くの酒蔵が甚大な影響を受ける中での朗報となり、誠にうれしい限りです。

 

午後は6月定例会に向けての議会運営委員会に出席し、引き続き、長野県左官事業協同組合から左官業の持続的な技術向上に関する要望を受けました。将来の担い手の育成など、議会としてもしっかりと取り組む必要があると認識し、努力して参りたいと思います。

この他に、本日は議会事務局等との打ち合わせが断続的に数回あり、多忙な一日となりました。