例年であれば「えびす講」で商店街が買い物客で溢れているはずですが、今年はコロナのために中止となってしまいました。昨年の水害による規模縮小に続き、今年は中止と、商店街に対する打撃は大きいものがあります。

そんな中、駅前では「災害復興飯山マルシェ」が開催され、好天に恵まれ親子連れでにぎわっていました。夜は、千曲川流域の12市町30か所で「千曲川流域台風被災地復興等祈願花火打上げ」があり、飯山市では旧城南中グランドと長峰スポーツ公園の2か所から冬空に向かって打ち上げられました。

満天の花火を眺め、災害の復興やコロナ禍の終息を願いました。