8/7

長野県林業振興研究会による知事要望を、県庁特別会議室にて行いました。

今般の新型コロナウィルス感染拡大等により消費意欲が著しく減退し、県産材の需要が大きく落ち込み、価格も下落して、一部では合板工場等の原木受け入れ制限による木材の滞留が発生するなど、林業・木材産業の活動に多大な影響が生じています。

現下のこのような状況に鑑み

1.滞留している木材の流通改善支援

2.県産材の需要回復のための支援

を県森林組合連合会・県木材協同組合連合会の役員とともに要望しました。

重要な地場産業である林業の振興に、今後とも取り組んで参ります。