8/21

「第2回いいやまのいいもの展」が文化交流館なちゅらで開催されました。

「信州の名工」令和3年度受賞・飯山仏壇蒔絵部門伝統工芸士である 藤沢一雄さんの作品を鑑賞して参りました。仏壇の制作に用いられる蒔絵の技法を応用した絵柄の時計や万年筆等が展示され、大勢のお客様で賑わっていました。新しい発想での更なる商品開発に期待するものです。

斑尾高原では、30を超える県内外のジャズバンドが特設野外ステージに集結し、終日トランペットの音が高原に鳴り響きました。万全なコロナ対策の中での演奏会でしたが、3年ぶりの「Madarao JAZZ」を皆さん存分に楽しんでいらっしゃいました。