5/16

塩尻市総合文化センターにて「第10回(一社)ガールスカウト長野県連盟定時総会」が開催されました。ガールスカウト活動を通じ少女たちが能力を伸ばし、リーダーシップを発揮できるよう、大いに期待するものです。

また、15日は、岩下哲典東洋大学文学部史学科教授による「飯山雪国大学文化講話」を聴講しました。飯山市にある臨済宗中興の祖“白隠”を育んだ正受老人の草庵「正受庵」を、幕末から明治にかけて度々訪れていたという『山岡鉄舟』と『高橋泥舟』の思想について学びました。正受庵再興には多くの先人の力によるものがあったと、大変勉強になりました。これからも“寺町飯山”の歴史を掘り起こしてみたいと思います。