7/27

県議会農政林務委員会現地調査に、地元県議として同行しました。

冒頭、宮川幹雄栄村長・竹内義明北信州森林組合副組合長・金崎和昭下水内中部土地改良区理事長よりそれぞれ陳情を受けました。その後、直江崇北信地域振興局長から管内概況説明があり、質疑応答の後、飯山市木島第1排水機場へ向かいました。ここでは、50年が経過している3台の排水ポンプの更新と1台の増設について、湛水防除事業の説明がありました。引き続き栄村中条川山腹崩落現場では、10年前発生した長野県北部地震(震度6強)による治山事業の復旧経過について説明がありました。本事業もおかげさまで一部工事を除き、第1期全体計画に基づく治山事業が令和2年10月に完了しました。県はじめ関係機関に心より御礼申し上げます。

その後、委員会の皆さんと別れ県庁に向かい、ラジオ広報(SBCラジュオミックスプラス)番組で電話出演し、県議会6月定例会の状況についてお話させて頂きました。