6/4 栄村を襲った震度6強の長野県北部地震から、10年が過ぎました。今日まで、毎年村内の集落の植樹や雪囲い等の活動を継続してきていただいた 細川忠國前長野県木材協同組合連合会理事長・山崎明元長野県林務部長のご厚意により、トマトの国で「栄村震災復興植樹」が行われました。

あいにくの雨でしたが、大勢の関係者により無事に完了いたしました。残念ですが、10年が経過したということで、今回で一応区切りをつけるということになりました。今までの様々な復興支援に心より感謝申し上げます。

長い間本当にありがとうございました。