10/24

飯山市文化交流館「なちゅら」で開催された「第48回差別のない明るい飯山市を築く市民大会」に出席しました。

飯山市は平成9年に「差別のない明るい飯山市を築く条例」を制定し、市及び市民の責務を明確にし、平成14年には「飯山市人権教育・啓発に関する基本計画」を策定し、人権尊重社会の早期実現に向けて市民一人ひとりが確かな歩みを進めてきました。

大会行事では、市内小中学生の作文発表や、ドリアン助川さんの映画「あん」が上映され、あらためて、お互いを思いやり共生社会を築いていくことが重要であると認識いたしました。