2021年 8月

信越自然郷サイクルツアーサポート車両

投稿日:2021/8/10 火曜日

8/9

新幹線飯山駅前で開催された「信越自然郷サイクルツアーサポート車両出発式」に出席しました。

このエリア(飯山市・中野市・妙高市・山ノ内町・信濃町・飯綱町・木島平村・野沢温泉村・栄村)は滞在型観光地化を目指していますが、ウィズコロナ対策として「新しい生活様式」に位置付けられた「自転車」を活用した旅行商品販売体制の構築と環境整備を推進しています。

以前より北信地域振興局や北信建設事務所よりサイクリングコースの整備をして頂いているなか、飯山市はこのたび24人乗りマイクロバスを改造し、ツアー帯同用サポート車両を導入しました。日本でただ一つの完全オリジナルバスを活用し、信越自然郷の四季を満喫して頂けたら、と期待しております。

 

▲ページの先頭へ

こんにちは県議会です・千曲川

投稿日:2021/8/7 土曜日

8/6

「子育て世代の希望が実現する長野県へ~ポストコロナの少子化対策に向けて~」をテーマに「こんにちは県議会です」がオンラインで開催されました。

それぞれの分野で活躍している団体等とA~Eのグループに分かれて意見交換をいたしました。私はAグループに参加し、“信州大学雷鳥サークル”・“安曇野をサポートする会(アズサポ)”・“ファザーリング・ジャパン信州”・“福祉大保育園保護者会”・“(株)ミスズ工業”の皆さんとお話をいたしました。限られた時間の中でしたが、多くの貴重なご意見は、日頃より積極的な活動をされている皆さんがそれぞれの実情に合わせ継続的な取り組みをされてきた成果として受け止め、今後の議会活動に活かして参りたいと思います。ご参加いただき、本当にありがとうございました。

8/4

道の駅野沢温泉地域活性化施設内にて開催された、「千曲川、信濃川(飯山・中里間)直轄河川編入連絡協議会」令和3年度総会に出席しました。

総延長367㎞を有する「千曲川・信濃川」は全国一の長大河川ですが、長野・新潟両県をまたぐ39.65㎞は全国的にもまれな「中抜け区間」で県管理区間となっています。これを国の直轄管理区間に編入して頂くよう、以前より要望して参りました。自然災害が多発する昨今、水系の一貫した管理体制や上下流のバランスのとれた抜本的な河川整備の対策が促進されますよう、新潟県議会議員とも連携し、引き続き国に要望して参りたいと思います。

8/5

「北信地域千曲川等改修整備促進期成同盟会県建設部要望活動」に同席いたしました。

本同盟会の管内(2市3村)における整備事業はおかげさまで年々進捗しておりますが、いまだ整備を要する箇所が数多くあり、更なる事業の促進を強くお願いして参りました。

▲ページの先頭へ

新型コロナウィルス感染症対策連絡本部会議・飯山市区長総会

投稿日:2021/8/3 火曜日

8/2

午前中、清水裕之県企画振興部次長の就任あいさつを受け、正副議長レクを経て、「長野県議会新型コロナウィルス感染症対策連絡本部会議」に臨みました。阿部知事や関係部長から現状報告があり、これに対し、風間辰一自民党県議団長はじめ各会派代表者が順次質疑を行いました。知事は、感染力が強いデルタ株が急増し全国でも事態が悪化、長野県も例外ではなく、これまでで最大の危機を迎えつつあるとの認識を示しました。県民の大切な命を守るため、引き続きしっかり対策を講じていただきますようお願いいたしました。

午後は、飯山文化交流館「なちゅら」で開催された「令和3年飯山市区長総会」に出席しました。道路や河川の環境整備について各地区から提案があり、足立市長に決議文が提出されました。また、優良事例として「瑞穂地区」より“伝統文化の保存と継承”「式年大祭手引書」(小菅神社柱松柴燈神事)の作成について、成果発表がありました。引き続き、飯山赤十字病院 渡邉貴之消化器科部長より消化器内科についての講演もあり、盛沢山の総会となりました。

▲ページの先頭へ

« 戻る