7/28(金)

北信合同庁舎で説明を受け、栄村JR飯山線森宮野原駅前複合施設「絆」等調査しました。

   

   

 栄村森宮野原駅前複合施設 震災復興祈念館 絆(きずな)

東日本大震災の翌日、2011年3月12日未明、長野・新潟県境付近を震源とする、マグニチュード6.7、震度6強の地震が栄村を直撃し、激しい揺れが村を襲いました。暗闇の中で家屋は傾き、道路は寸断され、村の8割の人々が避難を強いられましたが、震災直後から多くの人々によるボランティアや義捐金、物資の支援をいただき、復旧も早い段階で手掛けることができました。

今後もこの未曾有の災害を忘れることなく、後世に伝えていくために記録を残し、防災意識をいつまでも持ち続けていけるよう、復旧・復興の記録の展示室を整備しました。また、村内の観光情報の発信、子育て世代の皆さんが情報交換できる子育て支援ルーム、林業関係団体が利用するスペースも設けた複合施設となっています。(復興祈念館 絆 パンフレットより)